自転車での交通事故。いつもの道で起こる身近な危険。

みなさんは交通事故を起こしたことがありますか?私は結構怖がりな方なので、事故を気にして車の免許も取らなかったほどでした。それでも事故にあったことがあります。身近ないつも通りの通勤で、自転車とダンプカーの事故です。その時の体験談を書こうと思います。

いつも通りの道、慣れている過信に注意。車に自分は見えていない。

私が事故を起こしたのはいつもの通勤に使う大きな道路で、毎日慣れている道路でした。信号のある交差点で左折してくるダンプカーに、自分が自転車で少し遅れ気味にまっすぐ進んでしまい、ちょうど左折のダンプカーにぶつかられてしまいました。自分が少しでもブレーキをかけていれば回避できた事態ですし、なにより息ができないと思うほどの衝撃に、頭の中はしまったしまったしまったしまったの嵐でした。周りに目撃者の人がいて、救急車の手配と私の自宅への連絡をしてくださり、病院に運ばれることになったのですが、だんだんと呼吸もできるようになり、痛みも治まっていきました。救急車がつくころには動けないものの冷静になっていて、あぁ、職場に連絡しなきゃなぁとか、これは迷惑かけたなぁとか、ダンプカーの人にも悪かったなぁと、ぼんやりと後悔と自責の念、そして、ダンプカーの運転手さんももうちょっと止まってくれたらななんて思っていました。今となっては、車の運転席には自分は常に見えているわけではない。その自覚を持っていなかった自分が大変申し訳ないし、バカだなと思います。自分が車を運転していないせいで、余計に感覚がつかめなかったのだと思います。いつも通っている道、いつもの感覚というのが、少し横着になってしまったのだなと反省しきりの事故になりました。警察の方は五分五分の事故とおっしゃいましたが、迷惑をかけてしまったという感覚です。

長引いた事故後の痛み。

救急車で運ばれてから検査を受け、レントゲンは異常なし、骨は大丈夫でした。そして背中を叩かれ、痛いか聞かれたのですが、意外なことにそれほどの痛みがなく、その日は検査に時間はかかりましたが、普通に家に帰ることができました。全治も2~3日と言われたのですが、ジワジワと背中が痛い日々はずっと続きました。事故にあった日は布団を持ち上げるだけが痛みでできず、辛い思いをしました。そこで自分がダメだった所が、病院にあまり行かなかったことです。いろんな検査をして問題がなかったのだから、そんなに大事にならない方がいいと思ってしまいました。その結果、痛みとは半年近いつきあいになってしまいました。仕事に通いたい、大事にしたくない、我慢してれば治る。実際に治ったからよかったものの、自分の判断で病院に行かなかったこと、失敗だったのではないかと思っています。いくかは我慢しなければいけないのが怪我だとは思うのですが、全治2~3日の怪我と言われても半年痛みが続くのでは、さすがに再受診しなければ自分の身体が大変なことになっていたかもしれないので、やっぱり病院に行かなければいけないその一言です。半年でうまく痛みがなくなってラッキーでしたが、みなさんが事故にあった時には、きちんと検査だけでなく経過観察もしていただきたいです。事故にあった後のケアがきちんと受けられるようにしてください。

投稿日:

執筆者: